除霊と憑依などの自己判断を追記

スピリチャル基礎知識に「まずは自分で」な、部分で、自分で判断できる症例と対処法を

追記しました。


〇昔から誰かが別人みたいになる

〇昔から人を呼ぶと縁が切れる


そんな状態があるのは「確かに怪しい」ですが。

調べてみると、同様の情報をもって多くの犠牲があった場所に住んでいるとか、その資金で得た場所だったり、建物だったりと、共通の思念が90%以上を有さないとそれは決して、

起きたりはしません。


過去の例で見てもほとんどの場所が処刑場や、それを判断する機関や、管理する機関。

または、それを待つ人の収容所など、それが長く残虐であるほどに同様に思念が残り、そこに縁ある思念がさらに集まりそれぞれに空間を有しています。

日本では「協調」が強く、憑依が多いです。

従うといった強いられる環境があったりすればヨーロッパ系でもあります。

しかし、ヨーロッパの場合は「個性」を出すことがマナーのような習慣もあるので

単体で独立して空間を有してまだ生きている思念としてあることもあります。

それが強ければ強いほど、実在する肉体に同様の不満があれば早い吸着を生み「憑依」と

なっていきます。


あまりそんなケースは多くなく、年間で1件~2件と、あれば良いほどです。


たいていは場所にあった生活をしていないことで起きる「喚起してない状態」の長いことで

目には見えない悪臭を身にまとってしまい、対人問題を起こしたり、身体的に問題が生まれたりという事のほうが多いです。


例え、除霊をしても、悪臭をまとうような環境が残れば、効果が無かったと思われるでしょうし、さらには無駄だったと思うでしょう。


喚起はもともと、自身の選択で生まれる心の喚起状態で変わります。

お子さんや、生活能力の低い方は、生活能力のある人の悪臭を身にまといます。

その選択をちゃんと適切に行うことから整えておかないと、どんなに除霊しても喚起しても自分で、負のゴミ屋敷を作り出していくことになります。


目に見える状況で表現するなら、不運は捨て忘れたゴミが全ての原因です。

それが増えるほど、どんなに目先の1つ2つのゴミを捨てても、まだ見えない下のゴミには届かない。


そうなれば業者を呼んで、徹底的にきれいにする、そこからもう汚さない努力をして、それを習慣とするしかないのです。


我が家はゴミが出たらすぐに捨てるか、または、匂わないようにとまとめてすぐに捨てれるようにしています。


いるものといらないものは常に明確に選択できないと、あとで要らないでは、もう誰もそれをあなたにくれたりしなくなる、それが「チャンス」というギフトです。



PSYCHIC・MEDIUM・ANGEY

サイキック・ミディアム・アンジー・公式HP